井上尚弥「最強王者」ついに視界に 米ESPN「PFP」ランキング2位浮上、ファン期待(J-CASTニュース)

船田 正史のAmazonストックスタンダードコース入会のみ(月額サポート別決済) 口コミが怪しい

最近、話題になっている

船田 正史の
Amazonストックスタンダードコース入会のみ(月額サポート別決済)って・・・
なんだか怪しくないですか?

出典元:J-CASTニュース

米スポーツ専門局「ESPN」(電子版)は2022年5月11日、プロボクシングのパウンド・フォー・パウンド(PFP=階級の壁を越えた最強ランキング)の最新ランキングを発表し、WBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋、29)が3位から2位に浮上した。

【画像】強烈な右アッパーを打ち込む井上

■PFP上位3選手は全勝をキープ

 前回1位の世界スーパーミドル級4団体統一王者サウル・アルバレス(31)は4位に後退。アルバレスは5月7日にWBA世界ライトヘビー級王者ドミトリー・ビボル(ロシア、31)と対戦し0-3の判定負けを喫し、この敗戦がランキングに反映された。

 アルバレスを破り全勝(20勝11KO)をキープしたビボルは圏外から8位にランクイン。1位には前回2位のWBO世界ウエルター級王者テレンス・クロフォード(米国、34)が昇格した。

 3位にはクロフォードのライバルでWBA、WBC、IBF世界ウエルター級王者エロール・スペンス(米国、32)が入り、WBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国、33)が5位につけた。

 上位3人の選手はそれぞれ全勝を保っており、クロフォードは38勝29KO、井上は22勝19KO、スペンスは28勝22KOとなっている。

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

船田 正史さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。