ヒルトンが悲願の京都初進出 高級リゾートホテル市場に参戦(日経クロストレンド)

ぐっすり安眠!今日からはじめる【悪夢退治プログラム】をつくった森 良太の真実!ネタバレとレビュー

森 良太さんがつくった
ぐっすり安眠!今日からはじめる【悪夢退治プログラム】がいろんな意味で話題?!だけど・・・
いったい真実はどうなんだろう??(知りたいです)

出典元:日経クロストレンド

京都・洛北に2021年9月16日、ヒルトンの最上位ブランドのホテル「ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts(ロク キョウト エルエックスアール ホテルズアンドリゾーツ。以下、ロク キョウト)」が開業した。場所は自然の美しさが残る鷹峯三山の麓、新たな高級リゾート地として注目のエリアだ。ヒルトンにとっては悲願の京都初進出。インバウンド狙いの目的は変えず、当面は国内客向けに京都の奥座敷ならではの魅力と体験を打ち出していく。

【関連画像】大きな窓から鷹ヶ峰の豊かな自然を望める「デラックス」タイプ。自然との調和を意識したシンプルなデザインで、唐紙をはじめとする京都の工芸品を取り入れた落ち着きのある空間

●「アマン京都」もある注目の高級リゾート地

 京都駅から車で約30分。市内中心部の喧騒(けんそう)を離れ、観光名所・金閣寺の近くまで走ると、小高くそびえる鷹ヶ峰(たかがみね)が見えてくる。鷲ヶ峰、天ヶ峰と並び、鷹峯三山と呼ばれる一帯は、江戸時代に刊行された『都名所図会』にも描かれている景勝地だ。鷹ヶ峰は、花札の「ススキに月」の絵柄のモチーフになったともいわれている。いにしえには貴族が鷹狩りを楽しんだ由緒ある別荘地は、現在も静謐(せいひつ)な時間が流れていた。

 この風光明媚(ふうこうめいび)な地に1951年、リゾート施設を開発したのが、西陣の着物メーカーとして創業した染匠のしょうざん(京都市)だ。創設者の故・松山政雄氏が鷹峯三山を借景に庭園を整備し、日本各地の建造物を移築して築いたのが「しょうざんリゾート京都」。「花と緑の観光工場」をコンセプトに約11万5700平方メートルの敷地内には、結婚式場や日本庭園、染織工芸館の他、中華料理店、料亭などが点在する。「ロク キョウト」は敷地内の南にあり、しょうざんと東急不動産の共同事業として開発された。

 市街地から離れた立地にラグジュアリーホテルを開業した理由について、東急不動産ホテル・リゾート事業本部ホテル企画部企画開発グループの望月巧実課長はこう語る。

 「もともとしょうざんリゾートには、会員制ホテルの東急ハーヴェストクラブを展開してきたが、会員のほとんどが日本人。京都で急増していたインバウンドを取り込めていなかったという背景がある。2019年に『アマン京都』が開業し、ミシュランの星付きレストランも出店するなど上質な施設が集積し始めていたので、その流れを加速するために、ラグジュアリーホテルの誘致を決めた」

 「LXR ホテルズ&リゾーツ」は、ヒルトンが手がけるラグジュアリーブランドの中でも、高い独立性を保ちながらチェーンの資産を活用できる“ソフトブランド”に位置付けられる。その土地の歴史やストーリーを生かし、独自色を強く打ち出せるのが特徴だという。現在、トルコ、アラブ首長国連邦(UAE)、米国などに展開し、ロク キョウトは9番目の施設でアジア太平洋地域では初進出となる。しょうざんリゾートは既に複数のレストランと宴会場を備え、これらをホテルの付帯施設として利用できることから、「施設条件面でも、LXRブランドが最適だった」と望月課長は振り返る。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。