行き先は“ガチャ”が決める LCC・ピーチの5000円旅くじが好評(日経クロストレンド)

Amazonストックスタンダードコース入会のみ(月額サポート別決済)のネタバレと体験談

船田 正史の
Amazonストックスタンダードコース入会のみ(月額サポート別決済)が気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:日経クロストレンド

格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)は2021年10月13日、渋谷PARCO(東京・渋谷)にて、行き先を選べない「旅くじ」の販売を始めた。コロナ禍で落ち込んだ旅客需要の創出を図り、新しい旅の形を提供する。

【関連画像】カプセルの中身

 1回5000円、行き先はカプセルを開けるまで分からない――。そんな旅の常識を覆すようなカプセル型自動販売機が、東京にも上陸した。その名も「旅くじ」だ。

 渋谷パルコの6階に設置された自動販売機で旅くじを購入すると、1枚の紙と缶バッジが入ったカプセルをゲットできる。その紙には、指定された行き先(空港)と旅の「ミッション」、成田空港と指定された行き先間の航空券のみに使える6000円以上のポイントと交換できるコードが書かれている。ポイントは往路、復路どちらにも使用できる。

 行き先となるのは、東京(成田)を出発する、女満別、釧路、札幌(新千歳)、大阪(関西)、福岡、大分、長崎、宮崎、奄美、沖縄(那覇)、石垣の国内11路線。ピーチの運賃は価格変動制のため、行き先や時期によっては往復運賃全てをポイントでまかなうこともできる価格設定になっている。

●2カ月で3000個以上売れた

 旅くじの設置は、21年8月に心斎橋パルコ(大阪市)に続いて2カ所目。心斎橋パルコの旅くじは、関西国際空港を出発する、札幌(新千歳)、女満別、釧路、仙台、新潟、東京(成田)、福岡、長崎、宮崎、鹿児島、奄美、沖縄(那覇)、石垣の国内13路線が対象で、現金払いにのみ対応している。

 ピーチは心斎橋パルコ内のコミュニティー型ワーキングスペース「SkiiMa(スキーマ)」に事務所を設けており、パルコと共同で何か面白いことができないか話していたところ生まれた企画だという。「このような時期だからこそ、お客様がワクワクできるようなサービスを提供したいと考えた。旅に出るきっかけを提供することで、偶然決められた場所で、知られざる地域の魅力や思いがけない自分の“好き”を発見してもらいたい」とピーチ事業戦略室ブランドマネージャーの小笹俊太郎氏は話す。構想から約1カ月でサービス開始にこぎ着けたという。

 心斎橋パルコではサービス開始から約2カ月で3000個以上を販売、多い日では1日150個出る日もあったそうだ。「当初は若年層を中心に利用いただいた。TikTokで旅くじを購入する動画がバズったのをきっかけに、メディアなどにも取り上げられ、今では年齢層に関係なく利用いただいている。反響は想像以上だった」(小笹氏)

 旅くじを引いた後、その場で知らない人同士で「どこが当たりました?」「よかったら交換しませんか?」といったコミュニケーションが生まれているという。

 本人分に加え、同行者分のチケットも購入できるような仕組みになっており、差額が発生する場合はクレジットカード払いか追加でポイントを購入する。「意外にも、夫婦や友人それぞれ旅くじを引き、それぞれ出た場所に行き、後に感想を語り合うといった例もあった」(小笹氏)そうだ。

●年内には他エリアへの設置も

 旅くじに書かれている「ミッション」はさまざま。例えば女満別行きでは「囚人服(持参)で『監獄食』を食べて反省してきて!」や、石垣行きでは「海岸を歩いて、不思議なもの見つけてきて!」といったことが書かれている。小笹氏が所属する事業戦略室を中心に考えているが、社内から公募したものもあるという。ピーチとしてはパイロットや客室乗務員など、日本中を飛び回る社員たちだからこそ知っている、各地の魅力をミッションに詰めることができる。購入者にとっては知らない土地が当たったとしても、そのミッションが楽しむ目的の1つになり得る。

 ミッションをクリアし、同社が運営する旅行の口コミサイト「tabinoco」にその内容などを書き込むと、抽選でポイントが当たる。

 年内に他のエリアでの設置も検討中だという。小笹氏は「構想として鉄道会社などとコラボレーションができればいい。長距離の移動はピーチで、その土地での移動はその鉄道会社でといった形で、もっと楽しみが広がるのでは」と語る。旅行するにはある程度のお金が必要になる。移動先の鉄道会社やホテルなどとコラボしそれらの費用が安くなれば、移動先で買い物を楽しんだり、何か体験したりするのにお金を使うことができる。コロナ禍で落ち込んでしまった消費の活性化を図ることにもつながりそうだ。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。