バルミューダのコーヒーメーカー 湯温へのこだわり、効果は?(日経クロストレンド)

副業スターターマニュアル(赤堀 和彦)の悪評のレビューあり?

副業スターターマニュアルを販売している
赤堀 和彦さん・・・

注目度が高い分、いろいろな噂もあるよね。

出典元:日経クロストレンド

2015年に「BALMUDA The Toaster」を投入し、キッチン家電に参入したバルミューダから21年10月7日、コーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」が登場した。パンと親和性の高いコーヒーメーカーを作ることは、トースターを大ヒットさせた同社にとって大きな意味がある。その出来栄えを検証した。

【関連画像】LEDの光がろうそくのように揺らめくのが面白い

●スリムな「オープンドリップタイプ」で登場

 ついに登場した「BALMUDA The Brew(バルミューダ ザ・ブリュー、以下The Brew)」。税込み5万9400円という高価格帯ながら、豆を挽(ひ)くコーヒーミル搭載の全自動タイプではなく、本体にセットしたドリッパーやその中のコーヒー粉、ドリップしている様子がよく見える「オープンドリップタイプ」のドリップコーヒーメーカーとして姿を現した。

 実は今からちょうど5年前(2016年)、トースターに続いて電気ケトル「BALMUDA The Pot」を発表した際、バルミューダの寺尾玄社長は炊飯器、オーブンレンジ、コーヒーメーカーと続くキッチン家電のロードマップを示していた。しかし実際には17年2月発売の「BALMUDA The Gohan」、17年11月発売のオーブンレンジ「BALMUDA The Range」までは順調だったものの、コーヒーメーカーはそこから4年を要した。その時の長さに、バルミューダらしいユーザー体験を生み出すための苦心がうかがえる。

 The Brewは、一見したところ本体の幅140ミリ、高さ379ミリ(取っ手を含む)とかなりスリム。サーバーには真空ステンレスサーバーを採用し、本体にもステンレスをあしらうなど、高級感のある落ち着いたデザインだ。コーヒーミルは内蔵していないが、別売りで22段階の挽き目調節が可能なハンドミル「Coffee Mill」(価格未定)も21年12月に発売を予定している。

 ドリップコーヒーメーカーとして最も重要なのは、やはりドリップ方法だろう。The Brewは蒸らし、抽出、仕上げと、その工程ごとに最適になるようお湯の温度を調節し、0.2ミリリットル単位で注湯する「Clear Brewing Method」を採用している。さらにユニークなのが、注湯口を2つ搭載している点だ。ドリッパー上部の注湯口はドリップに用いられるが、“第2の注湯口”はステンレスサーバーに直接注湯するようになっている。これにより、スチームでステンレスサーバーを事前に温めるだけでなく、コーヒーをドリップした後に直接ステンレスサーバーにお湯を注ぐ「バイパス注湯」を実現している。

 抽出モードはホットコーヒー用の「REGULAR」と「STRONG」に加えて、アイスコーヒー用の「ICED」を搭載。すっきりとした後味のREGULARにのみ、バイパス注湯を行う仕組みだ。

あまり良くないレビューや悪評とかって
それが本当かどうか、ちょっとよくわかりません。

出典元:日経クロストレンド

2015年に「BALMUDA The Toaster」を投入し、キッチン家電に参入したバルミューダから21年10月7日、コーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」が登場した。パンと親和性の高いコーヒーメーカーを作ることは、トースターを大ヒットさせた同社にとって大きな意味がある。その出来栄えを検証した。

【関連画像】LEDの光がろうそくのように揺らめくのが面白い

●スリムな「オープンドリップタイプ」で登場

 ついに登場した「BALMUDA The Brew(バルミューダ ザ・ブリュー、以下The Brew)」。税込み5万9400円という高価格帯ながら、豆を挽(ひ)くコーヒーミル搭載の全自動タイプではなく、本体にセットしたドリッパーやその中のコーヒー粉、ドリップしている様子がよく見える「オープンドリップタイプ」のドリップコーヒーメーカーとして姿を現した。

 実は今からちょうど5年前(2016年)、トースターに続いて電気ケトル「BALMUDA The Pot」を発表した際、バルミューダの寺尾玄社長は炊飯器、オーブンレンジ、コーヒーメーカーと続くキッチン家電のロードマップを示していた。しかし実際には17年2月発売の「BALMUDA The Gohan」、17年11月発売のオーブンレンジ「BALMUDA The Range」までは順調だったものの、コーヒーメーカーはそこから4年を要した。その時の長さに、バルミューダらしいユーザー体験を生み出すための苦心がうかがえる。

 The Brewは、一見したところ本体の幅140ミリ、高さ379ミリ(取っ手を含む)とかなりスリム。サーバーには真空ステンレスサーバーを採用し、本体にもステンレスをあしらうなど、高級感のある落ち着いたデザインだ。コーヒーミルは内蔵していないが、別売りで22段階の挽き目調節が可能なハンドミル「Coffee Mill」(価格未定)も21年12月に発売を予定している。

 ドリップコーヒーメーカーとして最も重要なのは、やはりドリップ方法だろう。The Brewは蒸らし、抽出、仕上げと、その工程ごとに最適になるようお湯の温度を調節し、0.2ミリリットル単位で注湯する「Clear Brewing Method」を採用している。さらにユニークなのが、注湯口を2つ搭載している点だ。ドリッパー上部の注湯口はドリップに用いられるが、“第2の注湯口”はステンレスサーバーに直接注湯するようになっている。これにより、スチームでステンレスサーバーを事前に温めるだけでなく、コーヒーをドリップした後に直接ステンレスサーバーにお湯を注ぐ「バイパス注湯」を実現している。

 抽出モードはホットコーヒー用の「REGULAR」と「STRONG」に加えて、アイスコーヒー用の「ICED」を搭載。すっきりとした後味のREGULARにのみ、バイパス注湯を行う仕組みだ。

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。