コロナ&冷凍食品人気で「セカンド冷凍庫」急拡大 前開きが主流(日経クロストレンド)

「せどり」ビジネスブログを作る記事セット!の口コミと内容のネタバレ!実態が2chに流出?

出典元:日経クロストレンド

新型コロナウイルス感染症拡大の影響による内食需要の拡大により家庭での調理の負担が増え、手軽で便利な冷凍食品の需要が高まっている。その結果、多くの家庭で発生しているのが「冷凍庫パンパン問題」。限りある冷凍庫の収納力を補うための「セカンド冷凍庫」のニーズが急速に高まっている。従来の上開きタイプに加え、前開きタイプも普及している。

【関連画像】ハイアールで、一般家庭に最もよく売れているファン式で前開き式冷凍庫「JF-NUF138B」(138L/ファン式)。買い物カゴ4個分以上の収納が可能

●7割の世帯で冷凍庫がパンパン状態

 2021年4月21日に発表された「冷凍食品の生産・消費について(速報)」(日本冷凍食品協会)によると、家庭用の冷凍食品の生産量は前年比111.4%、金額ベースで118.5%と、どちらも10年の調査開始以来最高値を記録した。逆に業務用は、数量ベースで前年比87.0%、金額ベースで85.9%と大幅に減少している。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために外食が減った結果、家庭での冷凍食品利用ニーズが急上昇しているのだ。

 しかし家庭用の冷凍冷蔵庫は冷蔵機能がメインであり、冷凍スペースの割合は半分から4分の1程度。そこで発生するのが、「冷凍庫パンパン問題」だ。ハイアールジャパンセールス(大阪市)が行った冷凍庫に関する調査では、子供と同居する家庭の約7割(68.1%)、共働き家庭では7割以上(70.7%)が、「冷凍庫がパンパン」だと回答している。

●ハイアールは20年に前年比170%

 このデータを裏付けるように、ハイアールジャパンセールスの20年の冷凍庫販売実績(販売台数)は前年比約170%と大幅にアップ。21年も好調で、19年比約120%で推移しているという。

 ハイアールジャパンセールス東京支店 マーケティング部課長の松田完一氏によると、冷蔵庫や洗濯機などの白物家電市場は長く飽和状態が続いており、前年比で伸びることが多少あっても、大きく伸びることはなかった。しかし冷凍庫に関しては、20年4月に最初の緊急事態宣言が発令された前後で、急激に伸びたという。「これまでは海沿いの漁村など、鮮度が落ちやすい食材を大量にストックする必要のある限られた人たちからのニーズが多かった。しかし新型コロナウイルス感染症拡大の影響で巣ごもり需要が増え、冷凍食品販売数の増加などもあり、広く一般家庭にまでニーズが広がったのではないか」(松田氏)

●小容量・前開き・ファン付きが人気

 同社の冷凍庫を見ると、内容積は66Lから519Lまで様々。519Lというとマグロが1匹丸ごと入る大きさで、海沿いのエリアで売れている。

 一般家庭では設置場所の問題もあり、比較的小さい100Lから150Lが売れ筋だという。セカンド冷凍庫の場合、冷蔵庫の中の冷凍室からあふれた食品を入れる、いわばサブ活用のため、大きな容量は必要ないのだろう。中には「コストコのピザが入るサイズ」と指定してくる購入者もいるそうだ。

 一般家庭用ならではなのが、前開きタイプがよく売れているということ。どこに何が入っているか一目で分かり、引き出し式のトレーですぐに取り出せる点が人気だ。また、霜取り不要のファン式であることも大きい。

 ハイアールジャパンセールスの冷凍庫は、以前は容量の大きな上開きタイプが主流で、かつ霜取りが必要な直冷式しかなかった。前開きタイプもグローバルでは12年前から販売しており、数年前から日本でも展開はしているが、海外ではファン式のニーズがなかったため、直冷式を展開していた。このためファン式の製品を日本市場に向けて新規開発し、市場に投入することになったのだという。

 「長期間保存には温度が上がりにくい直冷式が向いているが、頻繁に食品を出し入れするのであればファン式が向いている」(松田氏)。価格的には、希望小売価格で2万円台から4万円台が売れ筋とのこと。

いま、話題になっている・・・
「せどり」ビジネスブログを作る記事セット!をご存知ですか?

その効果についてもですが、
株式会社天空さんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!