「エヴァ」のキャラ名だらけ!群馬サファリパークのライオンが話題 シンジとアスカは「仲が良い」(J-CASTニュース)

SEMアフィリエイト(通常版)の効果は?厳しいレビュー

ここ最近、すいぶん話題になっている

前田 敏秀の
SEMアフィリエイト(通常版)が、
とても気になっているんですよね。

出典元:J-CASTニュース

群馬サファリパーク(群馬県富岡市)で誕生したライオンの赤ちゃん2頭の名前が、SNS上で話題を呼んでいる。同パークが2021年9月19日、インスタグラムのライブ配信で発表したその名前は、オスが「トウジ」、メスが「リツコ」。人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの登場キャラクター名と一致するとして、ファンが反応しているのだ。

【画像】生まれたてのトウジとリツコ

 J-CASTニュース編集部は、同パークの広報担当者に名前の由来を取材した。

■「さてはエヴァンゲリオン好きだな」

 群馬サファリパークで誕生したライオンの名前が「トウジ」と「リツコ」になったことについて、SNS上ではエヴァンゲリオンに由来するのではないかと注目を集めている。同作には鈴原トウジや赤木リツコというキャラクターが登場するためだ。

「群馬サファリパークのライオンの飼育員さんさてはエヴァンゲリオン好きだな」「群馬サファリパークのライオンって、エヴァなんですか?」

 同パークの広報担当者に21日、名前の由来を尋ねると、こう話す。

「趣味です。お父さんがシンジ、お母さんがアスカです。『エヴァ』ですよね」

 なんと親ライオンの名前も、主人公・碇シンジ、ヒロインの1人、式波(惣流)・アスカ・ラングレーから名付けられていた。群馬サファリパークにはライオンが40頭ほどいるが、そのうち何頭かがこのようにエヴァンゲリオン由来の名前を命名されているのだそうだ。

 ちなみに広報担当者によると、親ライオンのシンジとアスカの仲は「非常に良い」という。二頭の間には2年前にも、ミサト、カヲルと名付けられた子ライオンが誕生している。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?