親が子に勧めるゲームの家庭教師 「ゲムトレ」は何を教えてる?(日経クロストレンド)

杉田 順一のJUN★BARY「順張り」 効果についてレビュー

JUN★BARY「順張り」の
杉田 順一さんがネット掲示板で
かなり話題になってるみたいだよ。

あの掲示板でもスレも何個か立ってるみたい

出典元:日経クロストレンド

かつては勉強の敵とされ、反対する親が多かったテレビゲーム。これまでゲームを楽しんできた世代が親となり昔よりは理解は進んだものの、心配の種であることには変わらない。そうした中、ゲームの“家庭教師”が登場。ゲムトレ(東京・渋谷)が始めたオンラインでゲームを教えるサービスの実態を探った。

 ゲームを子どもたちに教える「ゲムトレ」が生まれたのは2019年10月。サービス開始から毎月平均15人ずつ増え、1年半たった21年6月時点で約250人の生徒を獲得。現在、年間の売り上げは2500万円になるという。

 ゲムトレの小幡和輝代表によると、最も多い年齢は10~11歳で、最年少は6歳、最年長は18歳。9割が男の子だ。料金は入会金が1万1000円(税込み、以下同)。月2回のプランが7480円、月4回が1万780円、月8回が1万8480円となっている。

 子どもの習い事は、まず親に「子どもにとってメリットがある」と思ってもらわなければならない。ゲムトレの場合はそのハードルが高そうだが、なぜこの事業を始めたのだろうか。

 「囲碁や将棋、スポーツなど、もともとは娯楽だったものが広まって競技になったという歴史がある。競技になると『上手なことが格好いい、すごい』と評価されるようになっていく。すると、プロを目指さなくてもうまくなりたいという人が出てくる。それが近い将来、ゲームで起こると考え、事業を始めた」(小幡代表)

 確かに本気でプロを目指さなくても、好きなことに対して「うまくなりたい」というモチベーションは誰にでもあるだろう。社会人でもフットサルのチームに入って練習したり、ゴルフレッスンに通ったりということがある。

 しかし、ビジネスともなれば、当初の思惑通りにいかないことも多々ある。実際に事業化にめどが立ったきっかけは何だったのか。

 「出足がよかった。ゲームがうまくて信頼できる友人に声をかけてトレーナーとなってもらい、次にSNSのフォロワーやLINE公式アカウントで『ゲームの家庭教師サービスをやるんですが、受けたい人はいますか』と募集をかけた。すると、すぐに50人もの申し込みがあった」(小幡代表)

 小幡代表のTwitterのフォロワーは約1万2000人、LINE公式アカウントの登録者数は約5000人に上る(どちらも21年6月時点)。実は小幡代表は過去に10年もの間、不登校を経験しており、現在はゲムトレ事業の他、不登校者に向けたイベントなども行っている。そのため、小幡代表をフォローしている人は、教育に関心の高い親や、不登校の子を持つ親が多いという。そうした背景も、事業開始早々に“集客”につながった要因だろう。実際、現在約250人の生徒のうち、およそ半数は不登校児だという。

 ゲームといえばここ数年eスポーツが人気だ。18年には日本eスポーツ連合が発足し、多くの大会が開かれ、有名企業がスポンサーになりチームを抱えるなど、プロ化に向けた環境整備も進んでいる。また学校が部活としてeスポーツを取り入れたり、高校や専門学校でeスポーツを学べるコースができたりしている。今やゲームをすることが職業となり、教えること自体がビジネスなのだ。ゲムトレもこうした流れを見据えたサービス展開だと捉えてもおかしくはない。

 だが、ゲムトレのサイトではサービスの訴求に「eスポーツ」をいう言葉をほとんど使っていない。あくまでも「ゲームの習い事」というスタンスを貫く。プロゲーマーは子どもたちの憧れの職業となりつつある。ハードルは高いとはいえ、腕を上げてゲームを仕事にしたいという夢や目標は、親に対する“大義名分”にもなるだろう。なのに、あえてそこに踏み込まないのはなぜなのか。

 「僕らはeスポーツをあまり意識しておらず、『eスポーツが盛況だから』という文脈で事業を行っていない。もちろん、プロを目指したいお子さんに対しては、相応の指導を受けられるような態勢は整えている。でも基本的には、大会を目指すというというのではなく、『クラスで1番を目指そう』というのが立ち位置」(小幡代表)

 こうした小幡代表の理念がうまく伝わったのか、ゲムトレの生徒はピアノや水泳のような他の習い事と同じように、「うまくなりたい」というモチベーションで学んでいるそうだ。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。