作家の田辺聖子さん死去 メディアが伝えた「代表作」は?(J-CASTニュース)

現役トップ生命保険営業マンがあなただけに教えるこれだけ話せば「契約が挙がる」生命保険営業トーク!の効果は?厳しいレビュー

ここ最近、すいぶん話題になっている

株式会社 グランディールの
現役トップ生命保険営業マンがあなただけに教えるこれだけ話せば「契約が挙がる」生命保険営業トーク!が、
とても気になっているんですよね。

出典元:田辺聖子さんの多くの名言を収録した『女のホンネ 男のホンネ』(文春ムック)

文化勲章受章者の作家、田辺聖子(たなべ・せいこ)さんが2019年6月6日、胆管炎のため死去した。91歳だった。10日に各メディアが報じた。

 「恋愛小説の名手」「軽妙なエッセー」「王朝物語、古典案内」……多彩な分野での作品が多く知られる著名作家の訃報に、ツイッターでは冥福を祈る言葉に加え、投稿者が好きな作品を勧めるつぶやきが多く寄せられた。メディアが見出しや前文で紹介する作品にも違いが見受けられた。

■「感傷旅行(センチメンタル・ジャーニィ)」で芥川賞を受賞

 「恋愛小説の名手と知られる」(読売新聞)作家の田辺さんは、1964年の恋愛小説「感傷旅行(センチメンタル・ジャーニィ)」で芥川賞を受賞した。「軽妙なエッセーも多く執筆」(NHK)していることでも知られ、田辺さんのエッセー作品などを原作にした、NHK連続テレビ小説「芋たこなんきん」(2006年~07年)も放送された。また、「王朝物語、古典案内」(共同通信)の分野でも知られ、「源氏物語」を「新鮮な感覚で『現代』のよみものとして、蘇らせた大ロマン長編」(新潮文庫サイトより)である「新源氏物語」は代表作のひとつだ(メディア引用は全てウェブ版)。2008年に文化勲章を受章した。

 田辺さんの作品を見出しや前文で触れたメディア記事(初報形式)を比べてみると、「『感傷旅行』『ひねくれ一茶』」(共同通信、見出し)、「『感傷旅行』『新源氏物語』」(日刊スポーツ、同)、「『新源氏物語』などで人気を集めた作家」(NHK、前文)、「『猫も杓子も』『ジョゼと虎と魚たち』など」(読売新聞、同)といった違いが見受けられた。見出しや前文では作品名には触れず、本文で詳しく紹介するメディアもあった(たとえば朝日新聞はシリーズものを含め7作品)。

 また、追悼ツイッターの中で好きな作品名を挙げている人も多く、『言い寄る』『苺をつぶしながら』『私的生活』などが見受けられた。2003年に映画化された『ジョゼと虎と魚たち』を挙げる人も目立ち、10日夕の「ツイットレンド」によると、ツイッターのトレンド・ランキングで、田辺さんの名前が4位に入るなか、同作品が19位になっていた。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?