家に帰ったら外国人。多文化が当たり前の「民泊」家庭でこどもが学ぶこと(BuzzFeed Japan)

都甲 司乃美の渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ

都甲 司乃美の
渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラムについて
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?

出典元:Airbnbの物件には住宅宿泊事業の届け出番号とともに、Airbnbのステッカーが掲示されている。

学校から家に帰ってきて、階段を上がると、リビングには知らない外国人がいる。でも、小学5年生のはるちゃんは驚かない。小さな頃から、それが我が家の当たり前だった。

はるちゃんの家は、民泊サービスAirbnb(エアビーアンドビー)のホストとして、5年ほど前から、主に海外からの旅行客に部屋を提供している。

「民泊」と聞いて多くの人が思い浮かべるのは、キラキラした国際交流か、もしくはインバウンド需要で稼げる副業か、はたまた一時期話題になった非認可民泊のご近所トラブルかも知れない。

子育て家庭で民泊をするなんて、イメージしにくいかもしれないが、はるちゃんはこの家で育った。一体何を見て、どんな体験をしてきたのだろう?【森駿介 / BuzzFeed Japan】

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな