樹木希林さんは言った、「あんた、えらいもんに手を出したわね」 原作者とプロデューサー語る「日日是好日」出演秘話(J-CASTニュース)

トップガンヒプノセラピー通信講座の効果は?厳しいレビュー

ここ最近、すいぶん話題になっている

インフォプレナーズジャパン株式会社の
トップガンヒプノセラピー通信講座が、
とても気になっているんですよね。

出典元:出演:黒木華、樹木希林、多部未華子 監督・脚本:大森立嗣 原作:森下典子『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』(新潮文庫刊) 配給:東京テアトル/ヨアケ (C)2018「日日是好日」製作委員会

興行収入は10億円を超え、観客動員数100万人にも届こうかという2018年のヒット映画「日日是好日」。

【画像】映画「日々是好日」より

 黒木華さん演じる主人公の「典子」がお茶を通じて成長していくストーリーで、茶道教室の先生である「武田先生」役に9月に75歳で亡くなった樹木希林さんが出演している。監督・脚本は大森立嗣さん。

 公開前から本格派女優の競演ということで注目が集まっていた本作だが、公開後も好調で、たとえばネット上の映画口コミ投稿サイトでは、映画を観た人が「ぜいたくな100分」「樹木希林が茶道を極めた先生に見えるのが凄い!」「存在感がすごかった」などの声が挙がっている。また、映画の原作者であるエッセイストの森下典子さんのもとには、茶道界から「樹木さんは茶道を長年続けていらしたのですか」と問い合わせが来たそうだが、実際には、樹木さんには茶道経験がほぼなかった。

 最初で最後となった樹木さんの「お茶の先生」誕生にはどんなストーリーがあったのか、J-CASTニュースは映画化のきっかけを作ったプロデューサーの吉村知己さん(株式会社ヨアケ)と原作者の森下典子さんに話を聞いた。

■素晴らしい企画だけど、私じゃないから

 吉村さんによると、原作を手に取ったのは2015年。ふらりと立ち寄った図書館だった。なんとなく本のタイトルにひかれて読み始めたそうだ。「読み終えて、ものすごいパワーをもらいました。純粋にこの本を多くの人に読んでもらいたいと思ったんです」(吉村)。

 その出合いからほどなくして、大森監督とタッグを組み制作に取り組んだ。脚本が上がって監督と話すうち、主人公は黒木華さん、先生は樹木希林さんで勝負しようと決まった。

  「樹木さんとは面識がなく、つてを頼って連絡をしました。樹木さんといえばマネージャーがおらず、すべてご自身で仕事の調整をされていらっしゃったのは有名な話ですが、本当にそうで、連絡手段は電話とFAX、手紙のみ。まずは手紙を送り、脚本と原作も見ていただきました。しばらくしてご本人から電話があって『素晴らしい企画だけど私じゃないから、ぴったりな人を一緒に探しましょう』とはっきり断るでもなく、予想外の返事に戸惑いました」

 それから樹木さんと吉村さんは電話でアイデアを出し合うことになるのだが、決定打はなく3か月が過ぎた頃、不意に樹木さんから『脚本と原作を返したい』とランチに誘われる。その時、大森監督も一緒だった。

  「食事の間は仕事の話はさせてくれませんでした。関係のない話をして食後のコーヒーを飲んでいたとき、急に『私、やるわよ』とおっしゃった。提示された条件は一つ『主演は黒木さん』。あとはもう余計な話はせず、心変わりされる前に帰りました(笑)」

 吉村さんは「最終面接だったのかもしれない」と当時を振り返る。生涯であと何本映画に出られるか――。もしかしたらそんな中、慎重に選んだ作品だったのではないだろうか。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?