業界初の「シームレスせんマグ」が100万本 象印がシェア拡大(日経クロストレンド)

株式会社天空の電報アフィリエイトブログを作る記事セット! 口コミが怪しい

最近、話題になっている

株式会社天空の
電報アフィリエイトブログを作る記事セット!って・・・
なんだか怪しくないですか?

出典元:日経クロストレンド

2021年11月4日発売の「日経トレンディ 2021年12月号」では、日経クロストレンドと11月3日に発表した「2021年ヒット商品ベスト30」を特集。「シームレスせんマグ」(象印マホービン)が25位にランク入りした。ステンレスボトルの栓とパッキンを一体化し、「分解して洗うのが当たり前」という常識を覆した。洗い物の手間が大きく軽減され、シリーズ累計の出荷数は100万本を突破。水筒市場における象印のシェアも大きく躍進した。

【関連画像】ワンタッチタイプのボトルも栓とパッキンが1つになった(写真右)

【25位】シームレスせんマグ

 保温・保冷ができる真空ステンレスボトルの蓋にあるパッキンは分解して洗うのが当たり前――。そんな常識を覆して売れたのが業界初となる、「シームレスせん」を採用した象印マホービンのステンレスマグだ。

 2020年9月に栓とパッキンが1つになったシームレスせんに対応した「SM-ZA」を発売し、半年後の21年2月にはワンタッチで蓋を開けられるタイプの「SM-WA」を追加。21年8月までの約1年間で両タイプを合わせた累計出荷数は100万本を突破した。水筒市場における象印のシェアも20%台から30%台に大きく躍進した。

 同社のアンケート調査によると、日常的にステンレスボトルを使用するユーザーのうち、パッキンに不満を持つ人の割合は80%以上だった。そこで約5年の期間を経て開発したシームレスせんを新たに採用することで、従来品にあった「洗うのが面倒」「付け忘れやすい」「紛失しやすい」というストレスを解消。日々の食器洗いの負担を少しでも軽くしたいと願うユーザーの支持を受けヒットした。21年9月にはタンブラータイプの製品を発売するなど、バリエーションも拡大している。

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

株式会社天空さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。