手軽で安い「丸亀うどん弁当」が定番に 半年で1300万食を突破(日経クロストレンド)

北田 将之のJKB 怪しい噂!実践者のリアルな口コミ

北田 将之の
JKBについて
ネット上では【怪しい噂】もあるみたい

実際のところどうなんでしょう?

出典元:日経クロストレンド

2021年11月4日発売の「日経トレンディ 2021年12月号」では、日経クロストレンドと11月3日に発表した「2021年ヒット商品ベスト30」を特集。23位に「丸亀うどん弁当」を選出した。コロナ禍で飲食店の多くがテイクアウトに活路を見いだした。丸亀製麺はうどんを弁当にする着想で、半年で1300万食を突破。「手軽さ」「安さ」が人気を博し、中食の新たな選択肢の一つとして消費者の心をつかんだ。

【関連画像】価格はてんぷらが2種で390円、3種で490円(すべて税込み)など。事前注文できるモバイルオーダーにも対応

【23位】丸亀うどん弁当

 コロナ禍で時短営業を余儀なくされた飲食店の多くが、活路を見いだしたテイクアウト。中でも、頭一つ抜けるヒットを飛ばした飲食チェーンが丸亀製麺だ。

 2021年4月に発売した「丸亀うどん弁当」は、6月までだけで約31億円を売り上げ、半年で1300万食を突破した。人気の理由は、手軽さと安さ。お店と全く同じ打ちたて、ゆでたての冷たいぶっかけうどんが、別に入っているだしをかけるだけで自宅で手軽に食べられる。揚げたてのてんぷらが付いて1食390円(税込み)からで、店舗で同じ組み合わせを頼むよりも安い。

 「コンビニ弁当はもう飽きた」「デリバリーは便利だが、出費がかさむ」――。長引く巣ごもり生活で増えた中食の機会に、そんな不満を募らせていた消費者の心をつかんだ。モバイルオーダーの導入や、注文・受け取り専用窓口の設置など、感染リスクを抑える工夫で安心感を演出したことも奏功した。

 「郊外店を中心に、今まで来店していなかった新規客層が大きく増えた。売れ行きは想定の4~5倍以上」(丸亀製麺 執行役員の南雲克明氏)。21年7~8月には、「丸亀こどもうどん弁当」を販売。ファミリー需要をさらに多く取り込んだ。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな