Z世代で「ポーカー」が空前のブーム 店舗急拡大、サミーも本腰(日経クロストレンド)

バイクユーザー車検一発合格マニュアルのネタバレと体験談

池田 聖之の
バイクユーザー車検一発合格マニュアルが気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:日経クロストレンド

1970年代のボウリング、80年代のビリヤード、2000年代のダーツと、時代ごとに若者の間で流行する遊技は変遷を重ねている。そして21年の今、Z世代の間でブームを呼んでいるのが、実はカードゲームの「ポーカー」だ。遊技機メーカーのサミー(東京・品川)は専用遊技場を出店、アプリを展開するなど本腰を入れ始めた。なぜポーカーなのか。

【関連画像】色や絵柄をワンタッチで変えられる、プロジェクションマッピングを取り入れたポーカーテーブル

 2021年8月、東京・目黒に新たな流行発信地が産声を上げた。仕掛けたのは、遊技機メーカーのサミー。カードゲームのポーカーが手軽にできる「m HOLD’EM(エムホールデム)目黒」を出店した。

 店内には、一度に9人のプレーヤーが座れるポーカーテーブルがVIPルームを含めて8卓設けられ、中央にはバーカウンターがあり、軽食やアルコールを楽しめる。店内で一度に座れるのはポーカーテーブルとカウンターを合わせて90人程度。照明は明るく、壁や窓にはトランプのマークなどが飾られ、カジュアルな雰囲気だ。初めて来る若い人や女性でも、入りやすく、居心地がよいように工夫されている。

●若者を魅了する「テキサスホールデム」とは?

 入店時、利用者はフロントで遊び方に応じた料金を払い、チップを受け取ってゲームに臨む。デイリーで優勝者を決める勝ち抜きバトルの「トーナメント」に参加する場合は、最初に2000円(税込み、ワンドリンク付き)などを支払い、トーナメント用テーブルのうち1つに座る。知らない人たちとテーブルを囲み、ガチンコで勝負をするイメージだ。

 参加者は同じチップ数からスタートし、手持ちのチップを使いながら繰り返しゲームを行う。チップがなくなれば敗退となり、最終的に勝ち残ったプレーヤーが優勝者となる。上位者は成績順に多くのチップを獲得でき、それらは店の帳簿に記録して、次回来たときに引き出して使える(引き出し手数料が必要)。ただし、チップの換金はできない。

 その他、何人かのグループで訪れ、会話やドリンクを楽しみながら、提供されたチップがなくなるまで、気軽にポーカーを楽しめるプラン「リングゲーム」も用意されている。チップが500ポイント分だと3000円(税込み、ワンドリンク付き)、1000ポイント分だと5000円(同)となる。

 リングゲームのポーカーテーブルは、天井付近に設置されたプロジェクターから、卓上をスクリーン代わりにして映像を投映する「プロジェクションマッピング」を活用。手元でディーラーが投映画面を操作することで、卓上の色や絵柄を自在に変えられる。エンタメ要素あふれる設計だ。ルールを全く知らない初心者向けには、ディーラーがルールやゲームの進行を教えてくれる講習付きのコースもある。こちらは3000円(同)で、講習後はリングゲームのテーブルで実際のゲームに参加可能だ。

 なぜ、初心者が講習を受ける必要があるのか。それは、エムホールデム目黒では「テキサスホールデム」という日本では聞き慣れないルールと進め方で、ポーカーゲームを行うからだ。多くの日本人が知っているポーカーは、5枚の手札が配られ、不要なカードを場に捨て、捨てた枚数分をカードの山から取って同じ数が2枚の「ワンペア」や5枚すべてが同じマークの「フラッシュ」などの役を作る。最終的に一番強い役を作った人が勝ちだ。

 ところが、テキサスホールデムでは、ディーラーから配布されるカードは2枚だけ。その2枚の手札とディーラーが場に公開する5枚のカードの計7枚を組み合わせて5枚の役を作る。手札を他のプレーヤーに見えないようにし、自分の役の強さや相手の状況を類推しながら、ゲームに参加する場合は手元のチップを所定の位置に出して「コール」、強気でいく場合は相手より多いチップを出す「レイズ」、参加せず降りる場合は「フォールド」、所持しているチップをすべて出す「オールイン」などをディーラーに伝え、プレーする。

 最も強い役を作ったプレーヤーが勝つのは、他のポーカーのルールと同じだ。勝者は参加した人が出したチップを総取りできる。自分が弱い役なのに、表情は「ポーカーフェース」で強い役のふりをして(「ブラフ」という)出すチップの額を釣り上げ、相手をフォールドに追い込んだり、逆に強い役だが弱いふりをして相手に出すチップの額を上げさせて奪ったりするなど、スリリングな心理戦を満喫できる。

 こうしたテキサスホールデムならではのしびれる駆け引きに、若者たちが引き付けられているのかもしれない。「洗練された空間で、お酒をたしなみながらポーカーをするという、かっこよくて非日常的なスタイルも、刺激を求める若者の心を捉えている」と、サミー新規・DX推進部次長の﨑野淳史氏は話す。

 実際、21年10月に緊急事態宣言が解除されて以降、エムホールデム目黒の来店客数は好調に増え続けている。10月は2000人以上を数え、土日ともなれば席が埋まり、空くのを待つ人が出るほどだ。来店客の約半数は20代以下で男性が中心だが、他のポーカー店との違いは女性が2割と比較的多いことだ。1人で来る客もいれば、友人同士やカップルで訪れる若者も見られ、サウナやシーシャ(水たばこ)専門店に続く、Z世代の新たな社交場として、盛り上がりを見せているのだ。

【ココが響いてます from原田氏の若者プレゼン大会】
津田塾大学の峯桃花さん
 大学生の間でポーカーが人気になっている背景には、遊びとしての面白さに加え、そのイメージのよさがあると思います。「ポーカーが趣味」といえば、何となくインテリっぽい印象を周囲に与えられ、マージャンよりおしゃれな感じもあります。自分のスマートさをアピールできるゲームだと、多くの若者が考えているのではないでしょうか。女子もこの流れに乗って、今まできらきらした印象で売っていたミスコン出身の女子が「趣味はポーカー」とアピールするなど、Z世代の中では流行が加速する一方です。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。