「車両1両まるごと販売」東急電鉄に驚きの声 価格は176万円…なぜ売り出す?経緯を聞いた(J-CASTニュース)

EURJPYバイナリー用インジケーター1分+5分+15分+30分+60分+4時間+1日セット。矢印で簡単エントリーの口コミと内容のネタバレ!実態が2chに流出?

出典元:J-CASTニュース

東急電鉄(東京都渋谷区)が”電車を売る”と、SNS上をざわめかせている。駅内掲示板や公式サイト上のお知らせによれば、田園都市線8500系の車両1両や先頭部分カットモデル、運転台などを販売するという。

【画像】カットモデルや運転台

 車両1台の値段は消費税など込みで176万円。SNS上では「電車って買えるんだ」「普通車より安い」などと驚く声が広がっている。

 一般向けに車両を販売するのは今回が初めて。なぜこのような特別販売を行うことにしたのだろうか。J-CASTニュースは2021年10月19日、東急電鉄に取材した。

■「想い出の回想を長期間にわたり体感することができれば」

 8500系は1975年に導入されて以降、田園都市線を中心に活躍してきたが、2020系車両を導入したことに伴い廃車が進んでおり、現時点では残り4編成となっている。

 東急電鉄は10月15日、今後廃車予定の8622編成と8630編成の車両1両などを一般の人々に特別販売すると発表した。

 これまで廃車となった車両は、国内の地方鉄道会社やインドネシアなど海外の鉄道会社に、中古鉄道車両として譲渡されてきた。一般の人に対しては車号板やつり革などの部品を販売することはあったが、車両丸ごとを販売するのは今回が初めてだ。

 なぜ車両販売を行うことにしたのか。取材に応じた東急電鉄はこう述べる。

「今回の販売は、ローレル賞に輝いた8500系車両に対して親しみ・愛着をお持ちいただいているお客さまにお譲りすることで、同車全車両が現役を引退した後も在りし日の8500系や同車現役当時の東急線沿線の情景を回想し、お客さまやご覧になられた方ご自身の想い出の回想を長期間にわたり体感することができればとの想いから企画したものです」

 ローレル賞は、愛好者団体「鉄道友の会」が制定した鉄道車両に対する賞だ。8500系は1976年に受賞している。

 そんな多くの人々から親しまれた8500系の特別販売。東急電鉄によれば10月19日現在までに、車両1両全体については4件、車両一部分カットに2件、運転台に9件の連絡が寄せられているそうだ。

いま、話題になっている・・・
EURJPYバイナリー用インジケーター1分+5分+15分+30分+60分+4時間+1日セット。矢印で簡単エントリーをご存知ですか?

その効果についてもですが、
遠藤 龍時さんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!