タニタ「デレマス全190人グッズ化」大胆コラボなぜ実現? 「全員にスポットを」提案に意気投合(J-CASTニュース)

字幕翻訳家になろう 日本語字幕解体新書をつくった藤原 真斗の真実!ネタバレとレビュー

藤原 真斗さんがつくった
字幕翻訳家になろう 日本語字幕解体新書がいろんな意味で話題?!だけど・・・
いったい真実はどうなんだろう??(知りたいです)

出典元:J-CASTニュース

健康機器メーカーのタニタがアイドルゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ」(デレマス)とのコラボグッズとして3Dセンサー搭載歩数計の発売を2021年9月14日に発表した。それが190人いる全キャラクターのグッズ化を実現したことで、ゲームのプレイヤーからは大きな反響が起こった。ゲームの10周年を記念したコラボ企画ながら、コラボ先企業によりもたらされた「全員分グッズ化」に至る経緯を取材した。

■「tiny tiny」が「タニタに」に聞こえる

 そもそもなぜタニタがデレマスとのコラボを行うに至ったか。きっかけはデレマスに登場する1人のアイドルキャラクター、五十嵐響子(声優:種崎敦美さん)にまつわる空耳である。五十嵐響子名義で2016年にリリースされたソロ曲「恋のHamburg♪」のワンフレーズ「あなたに tiny tiny」が「あなたにタニタに」に聞こえるとリスナーの間で騒がれ始めた。リリース日(3月2日)前のPV公開の時点でこの空耳が話題になり、これにタニタの公式ツイッターアカウントも反応。2016年2月には早くも「響子のタニタとは」と投稿しておりこれに気付いていたようだ。以後プレイヤーの間で空耳として定着し、タニタ側も時々彼女に言及していく。

 実際に2021年、デレマス10周年コラボグッズ第1弾として五十嵐響子のイラストを採用したデジタルクッキングスケール(計量計)を8月10日に発売している。彼女の料理好きというプロフィールを活かしたものだが、それにとどまらず190人分のグッズ化に踏み切った。

 これについて、取材に応じたタニタ企画担当者はこう話す。

 ゲームで「プロデューサー」と通称されるプレイヤーは、アイドルを育成して疑似的に関係を深めていく。「全てのアイドルに担当しているプロデューサーがいるゲームで、アイドルもプロデューサーと一緒に歩んでいくところがコンセプトです。10年間歩んできたプロデューサーとアイドルを弊社が健康にしてあげられればな、との気持ちもありました」とプロデューサーの気持ちに応えるべく、完全受注生産で彼らの手元に必ず届けられるようにした。受付は9月15日から10月11日午前10時まで。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。