サッポロが炭酸水テイストアルコール 「軽く酔いたい」若者狙い(日経クロストレンド)

アフィリエイト報酬 期間限定脅威の88% 大公開!元NO1キャバクラ嬢が語るキャバクラ嬢を落とし虜にするキャバゲッチュー!のネタバレと体験談

宮崎 博の
アフィリエイト報酬 期間限定脅威の88% 大公開!元NO1キャバクラ嬢が語るキャバクラ嬢を落とし虜にするキャバゲッチュー!が気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:日経クロストレンド

サッポロビールは2021年8月24日、新機軸商品として炭酸水テイストのアルコール飲料「サッポロ WATER SOUR」を発売した。「低アルコール×無糖」の軽やかな味わいで、自宅でのリフレッシュをはじめとした飲用シーンを想定している。発売を決めたのは「若年層へのニーズが見て取れる」2つの要因があった。

【関連画像】パッケージにも「炭酸水テイスト」「無糖」の文字がある

 「サッポロ WATER SOUR」は、低アルコール(3%)、低カロリー(100ミリリットルで19キロカロリー)、無糖のRTD(レディー・トゥ・ドリンク、開栓してそのまま飲める飲料)アルコール飲料。雑味が少なく、後味の残らない爽快感が特徴で、これまでにない炭酸水感覚で楽しめるアルコール飲料を実現した。

 サッポロビールマーケティング本部ビール&RTD事業部ブランド担当の市川昇平氏は、同商品を「全く新しい次世代アルコール飲料」と位置付ける。

●「ライトに酔いたい」20~30代が増加

 「日常のリフレッシュや、仕事から自分時間(オフの時間)に切り替えるきっかけとなるような、軽やかなお酒時間を提供し、新たな需要を喚起していく」と市川氏。

 同社が、アルコール市場の中でも新カテゴリーとなる商品の発売を決めたのは、飲むことが負担になりにくいRTDアルコール飲料が若年層に売れると踏んだからだ。その理由は大きく2つある。

 1つ目は同社をはじめとする市場調査で、20代を中心に気軽に飲めるアルコール飲料のニーズが高まっている結果が出たこと。2つ目は米国の若者の間で、「ハードセルツァー」と呼ばれる低アルコール飲料が人気であることだ。

 サッポロの調べによると、20~30代の88%が「夜、家で趣味などの自由時間にお酒を飲みたいと思う」と答えた(2021年3月に230人に調査)。主な理由としては「リフレッシュしたい」「楽しい気分になりたい」が多かった。全国消費者パネル調査会社インテージによると、20代のRTDアルコール飲料の購入率は前年比120%(20年4月~21年3月間)となった。

 20~30代では飲酒のニーズとともに、「酔い過ぎない」意識が高まっていることも判明。サッポロの調べでは「度数3%以下のお酒」を好む20代は半数を超え、30代でも4割を超えた(21年に1200人に調査)。

 「若年層は自宅でのオフ時間に、趣味や学習など自分のやりたいことを邪魔しない程度の酔い感を求めている。平日の夜こそ『合理的に楽しく過ごしたい』ということで、リフレッシュをお酒に求めている傾向がある」(市川氏)

 また、サッポロビールのマーケティング本部によると、今の20~30代は一昔前の世代より甘くない飲み物との接点が多いという。小さい頃からペットボトル入りのお茶やミネラルウオーターを頻繁に飲用し、最近では炭酸水が日常的に飲用されるようになった。甘くないものを好むなど、健康志向にシフトする若年層が多くなっているそうだ。

 こうした市場背景や生活環境を受け、サッポロは「若年層に『低アルコールで甘くない、低負担』なRTDのニーズがあるのでは」と見通しを立てた。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。