サントリーがプレモルでリマーケティング 派生商品で上積み狙う(日経クロストレンド)

【モテるファッション】女にモテるかっこいいファッションのつくり方は詐欺という噂は本当?あの掲示板での評判

森田 倫明さんが販売している
【モテるファッション】女にモテるかっこいいファッションのつくり方が売れていて話題になってるみたい?

2ちゃんねるでは
【詐欺】とか【怪しい】という噂があるみたいだけど
本当のところ、効果はどうなのか気になりますよね~

出典元:日経クロストレンド

サントリービールは2021年8月25日、「ザ・プレミアム・モルツ」のマーケティング戦略説明会を実施した。説明会では、缶ビールのカテゴリーで若年層を中心に新規層が流入し、売り上げが好調なことを発表。顧客をさらに獲得すべく、「ザ・プレミアム・モルツ」ブランドの派生商品を4カ月連続で発売する。

【関連画像】8~10月に発売予定の「ザ・プレミアム・モルツ」シリーズの限定商品。「〈香る〉エール 秋の芳醇」、「ダイヤモンドホップの恵み」、「ザ・プレミアム・モルツ〈黒〉」

●なじみの薄かった若年層が増加

 サントリービールが「ザ・プレミアム・モルツ」シリーズの缶ビール商品を積極投入する。2021年7月20日発売の数量限定商品「ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール サファイアホップの恵み」を皮切りに、「ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール 秋の芳醇」「ザ・プレミアム・モルツ ダイヤモンドホップの恵み」「ザ・プレミアム・モルツ〈黒〉」という4種類の派生商品を、4カ月連続で発売。期間・数量限定で販売する予定だ。

 「ザ・プレミアム・モルツ」シリーズには、「ザ・プレミアム・モルツ」(プレモル)、「ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール」と通年販売の機軸商品があるが、短いスパンでの派生商品も複数展開する。

 その理由を、サントリービールマーケティング本部プレミアム戦略部長の水谷俊彦氏は「いろんな味のビールを飲みたいニーズが増えている。その気持ちに応えたい」と語る。

 水谷氏によると「(これまでは)決まった銘柄を飲む方も多かった」が、最近は傾向が変化しつつあるようだ。全国消費者パネル調査会社インテージによると、21年1~7月にかけて「ビール類の商品を4、5種類以上併飲する人」は前年比171%、「期間限定発売のビール商品の購入率」は同129%となった(5万440人に調査)。さまざまな味を楽しむ人が増える傾向にある。

 また、同じくインテージ調べでは、21年1~7月にかけて「ザ・プレミアム・モルツ」シリーズの購入者数は、20代が前年比108%、30代が109%。これまで同シリーズになじみが薄かった若年層が増えている。この要因を、水谷氏は「コロナ禍の長期化」と「21年春に行ったリマーケティング」だと分析する。

 「コロナ禍で在宅時間が増え、お金を使う機会も若干減っている。そこで、『(少し高い値段を払っても)おいしいプレモルを買ってみよう』となっているのではないか」(水谷氏)。希望小売価格は提示されていないものの、「ザ・プレミアム・モルツ」は大手コンビニ3社で、350ミリリットル235~236円(税別)で販売されている(8月29日、編集部調べ)。

 コロナ禍でのライフスタイルの変化に加え、20年10月の酒税改正で、ビールにかかる酒税が軽減された。350ミリリットル1缶当たりの酒税は77円から70円になり、これもビールカテゴリーの好調を後押しする結果となった。

 そんな中、「ザ・プレミアム・モルツ」は、21年の春に、若年層を中心とした新規層にアプローチするためのリマーケティングを実施した。ここで言うリマーケティングとは、広告を見るなどして自社商品に関心を持ったユーザーに対して改めてアプローチすること。

 「(リマーケティング前まで若年層には)高級なビールだと思われていたところもあり、実際の値段以上に手を出しづらいと思われていた」と水谷氏。そこでコンセプトを「日常のちょっとした贅沢(ぜいたく)」に変え、これまでよりも親近感のある広告を打った。

 テレビCMの起用タレントも矢沢永吉に代え、新たに小栗旬と柴咲コウを起用。「ザ・プレミアム・モルツ」が若年層にとって、身近に感じられる工夫を施した。「新規のお客様、それから20~30代の若手のお客様で、広告が非常に効果を上げている」と水谷氏も手応えを感じている。

2ちゃんねるって勝手に好きな事を書かれるからね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

でも、口コミだと【サポートもしっかりしている】とか、
わざわざ【返金保証】とかもあるようだし・・・

これは試してみる価値ありかなあ。

効果が本当なら
スゴイと素直に思うし、試してみたい気もするんだよね