クラフトソーダ人気の兆し 高級ホテルがシャンパン代わりに採用(日経クロストレンド)

(株)ホットラインの24Days English 24日間で英語を覚える学習法~ロコモーティブメソッド~2版記念2大特典付き 口コミが怪しい

最近、話題になっている

(株)ホットラインの
24Days English 24日間で英語を覚える学習法~ロコモーティブメソッド~2版記念2大特典付きって・・・
なんだか怪しくないですか?

出典元:日経クロストレンド

日本全体で飲酒量が減少する中、欧米で急増する、あえてお酒を飲まない「ソバーキュリアス」と呼ばれる層が日本でも注目を集めている。こうしたニーズに応えるべく、炭酸入りソフトドリンクの発売が相次ぎ、中でもクラフトソーダはハイブランドのレストランやホテルなどで採用が進んでいる。

【関連画像】「ベルガモットスパークリング(500ミリリットル)」1296円(税込み)

 ノンアルコールの食中ドリンクといえば、ウーロン茶や無糖の炭酸水などが好まれてきた。

 しかし近年、若者の飲酒量は減っており、大手メーカーはビールテイスト飲料をはじめとする、ノンアルコール飲料や大人向け炭酸入りソフトドリンクを次々と発売している。同時に注目されるのが、大手メーカーとは異なるスタンスで作られているクラフトソーダだ。

 クラフトソーダは、米国では5、6年前から流行が始まった「手作り感豊かな炭酸飲料」であり、こだわりを感じさせるものが多い。ただ明確な定義はないようで、クラフトビールが「個性あふれるビールを少量生産するメーカーのビール」(出典:全国地ビール醸造者協議会)のことであるのに対し、そのソフトドリンク版と言えそうだ。

●若年層の飲酒率は20年で半分以下に

 日本の成人1人当たりの1年間の酒類消費数量は、1992年(平成4年)度の101.8リットルをピークとして減少傾向にあり、2018年(平成30年)度には79.3リットルとピーク時から約2割減少している。

 特に若年層の酒離れは顕著で、厚生労働省「国民健康・栄養調査」によれば、20代の男性の飲酒習慣率(週3日以上、1日1合以上飲酒する割合)は1989年(平成元年)は32.5%だったが、2010年(平成22年)は14.7%と半分以下に減少。さらに19年(令和元年)は「生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している者(=1日当たりの純アルコール摂取量が男性:40g以上、女性:20g以上)の割合」が6.4%と、確実に減っている。

 こうした中、欧米で登場した「あえてお酒を飲まない生活を選択している人」を指す「ソバーキュリアス」が、日本でも紹介される機会が増えた。英語で「酔っていない」という意味を持つ「sober」と、「好奇心旺盛な」という意味の「curious」を合わせた造語であるソバーキュリアスの中心は20~30代のミレニアル世代以下。体質的にお酒が飲めないというより、「お酒によって浪費される時間を減らし、より生活の質を高めたい」と考えている層だ。

 ソバーキュリアスは単なる酒離れをした人たちではなく、お酒に酔うことで無駄になる時間を減らしたいと考えている。つまり「お酒と同じように食事を盛り上げる飲み物」を求める傾向はあり、クラフトソーダはこうしたニーズにも応える飲み物と言える。

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

(株)ホットラインさんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。