アマゾン「Fire HD 10」子供向けモデル刷新 親の意識変化を反映(日経クロストレンド)

英語ビギナーが3ヶ月で英語上達を実感する勉強法と英語上達ブックのセット(株式会社チカラインターナショナル)の悪評のレビューあり?

英語ビギナーが3ヶ月で英語上達を実感する勉強法と英語上達ブックのセットを販売している
株式会社チカラインターナショナルさん・・・

注目度が高い分、いろいろな噂もあるよね。

出典元:日経クロストレンド

今やスマートフォンやタブレットなどデジタルデバイスの利用が必須の時代。次なる巨大なターゲットともいえる子どもに、安全な利用環境を提供する方法はあるのか。「Fire HD 10キッズモデル」を刷新したアマゾンジャパンの担当者に話を聞いた。

【関連画像】カバーのスタンドがハンドル形状になり、持ちやすくなった

 子どもとデジタルデバイスの付き合い方について、悩みを持つ保護者は多い。「長時間使い続けてしまう」「不適切なコンテンツを見ていた」といったトラブルを抱えつつ、試行錯誤しながら使わせているのが現状だろう。一方で、スマートフォンやタブレットが必要不可欠な世の中が到来していることも事実だ。1人1台端末を持たせる文部科学省の「GIGAスクール構想」施策も進んでいる。

 米アマゾン・ドット・コムは2021年5月26日、タブレット「Fire HD 10」シリーズの出荷を開始した。併せて、子ども向けモデル「Fire HD 10 キッズモデル」も刷新。明るくコントラストがはっきりしたディスプレーを搭載し、キッズカバーを持ちやすいハンドル形状にするなど、より使いやすく進化を遂げた。

 そこで、アマゾンが考える子ども向けデジタルデバイスのあり方について、アマゾンジャパン(東京・目黒)アマゾンデバイス事業本部 Kindle・Fire Tablet・Accessories事業部 事業部長の清水文弥氏に話を聞いた。

●コロナ禍の前後で変わった保護者の意識

 アマゾンは19年9月と21年4月の2回にわたって、3歳から小学校高学年の子どもを持つ日本全国20~40代の男女約600人を対象に、「子どものデジタルデバイスの利用と子育てに関する調査」を実施した。ここでいうデジタルデバイスとは、スマートフォン、タブレット端末、ゲーム機、デスクトップPC、ノートPC、電子書籍端末、スマートスピーカーを指す。

 調査では、子ども個人の専用デバイス(兄弟姉妹間での共有は含まない)で最も多かったのは「タブレット」(32.7%)だった。続いて「ゲーム機」(31.9%)、「スマートフォン」(22.8%)という結果だった。

 初回と2回目の調査の間には、新型コロナウイルス感染症の流行があり、保護者の意識に変化があったという。「特に未就学児を持つ保護者が最も変化した」と清水氏。

 「調査では、保護者に子育てにおいて重要な価値観を尋ねました。コロナ禍前には、『約束を守ること』『子どもが得意なことと好きなことを伸ばす』もしくは『自分でできることは自分でする』といった答えが上位を占めていた。今回は自分でできることは自分でするは引き続き上位となったが、さらに『子どもが自分で考えて決める力を付けること』が重視されている。自主性、自立心、自分で考えるという点が、前回の調査結果とは異なって上位に上がってきている」(清水氏)

 その理由として清水氏は、コロナ禍で子どもの生活や保護者の働き方が変わり、一人で自分のことや勉強をしなければならなくなったのでは、と推測する。

 調査では保護者がデジタルデバイスへのメリットを感じているとの結果も出た。保護者が子どもにデジタルデバイスを使わせてもよいと考えている時間は平日で4.3分増加し、39.7分(21年)、休日で8.8分増加し、57.4分(21年)と増加傾向にある。デジタルデバイスを渡すことで「飽きずに使い続けられる」「好奇心が広がる」「新しいことへの興味」といった実用性と価値を感じている。

 「家で仕事をする人が増えて、有害コンテンツに触れるのではと心配しつつも、子どもにデジタルデバイスを渡すシーンが増えたのではないか。実際に子どもがデジタルデバイスを使っている様子を見られるようになったことで、メリットを感じることも増えたのだろう」(清水氏)

あまり良くないレビューや悪評とかって
それが本当かどうか、ちょっとよくわかりません。

出典元:日経クロストレンド

今やスマートフォンやタブレットなどデジタルデバイスの利用が必須の時代。次なる巨大なターゲットともいえる子どもに、安全な利用環境を提供する方法はあるのか。「Fire HD 10キッズモデル」を刷新したアマゾンジャパンの担当者に話を聞いた。

【関連画像】カバーのスタンドがハンドル形状になり、持ちやすくなった

 子どもとデジタルデバイスの付き合い方について、悩みを持つ保護者は多い。「長時間使い続けてしまう」「不適切なコンテンツを見ていた」といったトラブルを抱えつつ、試行錯誤しながら使わせているのが現状だろう。一方で、スマートフォンやタブレットが必要不可欠な世の中が到来していることも事実だ。1人1台端末を持たせる文部科学省の「GIGAスクール構想」施策も進んでいる。

 米アマゾン・ドット・コムは2021年5月26日、タブレット「Fire HD 10」シリーズの出荷を開始した。併せて、子ども向けモデル「Fire HD 10 キッズモデル」も刷新。明るくコントラストがはっきりしたディスプレーを搭載し、キッズカバーを持ちやすいハンドル形状にするなど、より使いやすく進化を遂げた。

 そこで、アマゾンが考える子ども向けデジタルデバイスのあり方について、アマゾンジャパン(東京・目黒)アマゾンデバイス事業本部 Kindle・Fire Tablet・Accessories事業部 事業部長の清水文弥氏に話を聞いた。

●コロナ禍の前後で変わった保護者の意識

 アマゾンは19年9月と21年4月の2回にわたって、3歳から小学校高学年の子どもを持つ日本全国20~40代の男女約600人を対象に、「子どものデジタルデバイスの利用と子育てに関する調査」を実施した。ここでいうデジタルデバイスとは、スマートフォン、タブレット端末、ゲーム機、デスクトップPC、ノートPC、電子書籍端末、スマートスピーカーを指す。

 調査では、子ども個人の専用デバイス(兄弟姉妹間での共有は含まない)で最も多かったのは「タブレット」(32.7%)だった。続いて「ゲーム機」(31.9%)、「スマートフォン」(22.8%)という結果だった。

 初回と2回目の調査の間には、新型コロナウイルス感染症の流行があり、保護者の意識に変化があったという。「特に未就学児を持つ保護者が最も変化した」と清水氏。

 「調査では、保護者に子育てにおいて重要な価値観を尋ねました。コロナ禍前には、『約束を守ること』『子どもが得意なことと好きなことを伸ばす』もしくは『自分でできることは自分でする』といった答えが上位を占めていた。今回は自分でできることは自分でするは引き続き上位となったが、さらに『子どもが自分で考えて決める力を付けること』が重視されている。自主性、自立心、自分で考えるという点が、前回の調査結果とは異なって上位に上がってきている」(清水氏)

 その理由として清水氏は、コロナ禍で子どもの生活や保護者の働き方が変わり、一人で自分のことや勉強をしなければならなくなったのでは、と推測する。

 調査では保護者がデジタルデバイスへのメリットを感じているとの結果も出た。保護者が子どもにデジタルデバイスを使わせてもよいと考えている時間は平日で4.3分増加し、39.7分(21年)、休日で8.8分増加し、57.4分(21年)と増加傾向にある。デジタルデバイスを渡すことで「飽きずに使い続けられる」「好奇心が広がる」「新しいことへの興味」といった実用性と価値を感じている。

 「家で仕事をする人が増えて、有害コンテンツに触れるのではと心配しつつも、子どもにデジタルデバイスを渡すシーンが増えたのではないか。実際に子どもがデジタルデバイスを使っている様子を見られるようになったことで、メリットを感じることも増えたのだろう」(清水氏)

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。