同性パートナーの犯罪被害給付金訴訟 「残酷判決」を受け止め、投げ返すために(BuzzFeed Japan)

株式会社リアルスタイル Real Styleの金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~得点力が飛躍的に変化する!オフェンスの章~ [KN0001] 効果についてレビュー

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~得点力が飛躍的に変化する!オフェンスの章~ [KN0001]の
株式会社リアルスタイル Real Styleさんがネット掲示板で
かなり話題になってるみたいだよ。

あの掲示板でもスレも何個か立ってるみたい

出典元:BuzzFeed Japan

名古屋で、20年来の同性パートナーを殺害された男性が、事実婚の配偶者として、国の犯罪被害者給付制度による遺族支援金を愛知県公安委員会に申請し、不支給となった裁定の取り消しを求めた訴訟の判決で、6月4日、名古屋地裁は原告の請求を棄却しました。

「共同生活をしている同性どうしの関係を、婚姻関係と同一視するだけの社会通念が形成されていない」(NHK報道)との理由です。

じつに判例史に、別の意味で語り継がれるべき不当な判決であり、判決を待っていた原告はもとより、多くの当事者が、われわれは社会通念で差別されてもしかたがない人間と裁判所によって認定されたのかと、深い悲しみや憤りを感じた「残酷判決」でした。

原告は、「今回の判決で支給が認められなかったことが非常に残念です。同性パートナーを犯罪で失うつらさは男女間のパートナーを失うつらさと変わらないと思います」とコメントしました(東海テレビ)。

また、判決の影響は甚大で、これが確定すれば、同性カップル間では遺族年金や確定拠出年金の死亡一時金の受け取り、あるいは同性パートナーのための介護休業の取得も、まったく不可能となる判例となるでしょう。

今回の判決について、それを受け止め返すための知識の整理として、ぜひみなさんに知っていただきたいことをまとめました。

・日本では明治以来、事実婚の配偶者保護が確立している
・救済のための法律では、少しでも多くを救済するのが立法の趣旨である
・「社会通念」なるものを理由とした棄却は、司法の判断放棄、役割放棄である
【寄稿:永易至文・NPO法人事務局長、ライター、行政書士 / BuzzFeed Japan】

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。