新型肺炎拡大で休校から1週間…「ママ友シフト制」や勤め先の迅速対応が(CBCテレビ)

株式会社イーブックジャパンのThe Million Writing 効果についてレビュー

The Million Writingの
株式会社イーブックジャパンさんがネット掲示板で
かなり話題になってるみたいだよ。

あの掲示板でもスレも何個か立ってるみたい

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため学校の一斉休校が始まってから1週間が経ちました。
 中でも共働き家庭の子どもたちは、どのように過ごしているのか?取材しました。

 小学生の娘がいる青山晃子さん(40)。

 3月2日の月曜日、愛知県岡崎市内のレンタルスペースを借りて「託児所」を立ち上げました。
 岡崎市の小学校には、日中、児童を預けられる「自主登校教室」が設置されましたが…

 「自主登校教室は、始まる時間が(朝の)9時や10時と地域によってばらつきがあり、どうしてもその時間では働けないお母さんもいた」(託児所を運営する青山晃子さん)

 自主登校教室は、午前9時からで、(親の)見送りが必要なため、朝早くから出勤する共働き家庭の中には利用が難しい人も。

 そこで、同じ悩みを持ったママ友同士で、朝8時から子どもを預かる託児所をはじめたのです。

 ひとり1日1000円を集め、おやつ代や消毒液代などに充てています。
 母親たち3人で「シフト」を組み、交替で子どもたちの遊びや宿題を見守ります。

 「(息子たちは)他の子と遊べて友だちもできる。私も他の母親と情報交換できる。お互いにストレスがなくなって良かった」(利用した母親)

 一方、岐阜県飛騨市の「奥野工務店」では、従業員の子ども向けに、会社の休憩スペースを自習室として開放。

 Q:なぜ会社へ預けたのですか?
 「休校が決まり、学校より早く会社の方が受け入れを決めてくれたから」(従業員)

 現在は、小学生3人が、母親の仕事が終わるまでの間、こちらで過ごしますが…
 Q:何やっているの?
 「タブレットで勉強がある」(児童)
と答えますがやっていたのは、オンラインゲーム。息抜きしながら勉強に励んでいました。

 また、一斉休校を受けて書店の陳列にも変化が…
 名古屋市中区の丸善・名古屋本店では、3月に入り、急きょ入口付近に児童や母親向けの本の特設コーナーを設置。

 「家にいる時間がどうしても多い。図書館も閉まっているので、本は購入しないと」(本を買いに来た親子)

 児童書の売り上げは、去年の同じ時期と比べて3倍以上になるなど、
多くの親子連れでにぎわっていました。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。