作家・もちぎさん「諦めは逃げじゃない」家庭環境に束縛されない人生の過ごし方(AbemaTIMES)

株式会社T.P.L.Consultingの文章自動作成ツール『PSWバストアップ版』:ジャンル別の文章を無限に作成するパーフェクト・サテライト・ライター“PSW”のバストアップ版です。購入者が言う実際の評判

株式会社T.P.L.Consultingの
文章自動作成ツール『PSWバストアップ版』:ジャンル別の文章を無限に作成するパーフェクト・サテライト・ライター“PSW”のバストアップ版です。に
ずいぶん前から興味ありました。

でも、安い買い物でもないし
ネットの商品だから・・・

出典元:『Wの悲喜劇』がダイバーシティを考えるイベント「MASHINGUP」とコラボ

「中学を卒業したら働け」「高校に行くな。大学なんてお金持ちの行くところや」……母からそんな言葉を言われ、複雑な家庭環境の中で育った作家・もちぎさん。ストーカー被害など何度か危険な目に遭いながら、高校生からゲイ売春を経験。もちぎさんは、自身と同じような環境に直面する人たちに向けて「いい諦め方が重要」だという。

 もちぎさんは自身の育った家庭環境・経済事情をTwitterにつづっており、「自分もそうなんです」とダイレクトメッセージ(DM)で相談を受け取ることが多いという。

 もちぎさんのTwitterアカウントのフォロワー数は約50万人(※2020年1月10日現在)。ダイレクトメッセージを送ってくる相手には、それぞれに細かい事情があるとした上で、もちぎさんは「いい諦め方」が重要だと説明する。

 もちぎさんは、金銭的・家庭的な問題から高校卒業後すぐに大学進学ができなかった自身の過去を例に挙げ、「今はできないけどいつかやろうと、時間がかかっても目標を見失わないことが大切」と発言。続けて、母親と和解できず実家を離れた自身の決断を紹介し「こういう諦めは逃げじゃない。どうしようもならないことを諦めるだけ。そういう生き方をしてもいいんじゃないかなぁって思います」と主張。「時間的な諦め」と「環境的な諦め」を有効活用し、不遇な環境に束縛され続ける人生を断ち切る考え方を紹介した。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな