JALのパイロット、羽田で合唱披露 CAの手話も(Aviation Wire)

「サラリーマンFX」豪華全8特典付!日本の一般的なサラリーマンがFX投資で、副収入をGETするためだけに開発!帰宅後の「余暇」を「副業タイム」に!のネタバレと体験談

トレードサイクロン株式会社の
「サラリーマンFX」豪華全8特典付!日本の一般的なサラリーマンがFX投資で、副収入をGETするためだけに開発!帰宅後の「余暇」を「副業タイム」に!が気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:羽田第1ターミナルで合唱を披露するJAL空飛ぶ合唱団と手話べりサロンのメンバー=19年12月22日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

日本航空(JAL/JL、9201)のパイロット有志によるコーラスグループ「JAL空飛ぶ合唱団」が12月22日、羽田空港国内線第1ターミナルと国際線ターミナルで公演した。客室乗務員による手話チーム「手話べりサロン(しゅわべりさろん)」も加わり、合唱と手話で観客を楽しませた。

 空飛ぶ合唱団は、767乗員部を中心とする副操縦士が中心となり2017年に結成。同年のクリスマスイベントで、客室乗務員有志によるハンドベル演奏チーム「JALベルスター」のコンサートに友情出演の形で初参加し、昨年からは単独公演やベルスターとの共演が始まった。今年はクリスマスソングの「JOT TO THE WORLD」、オリジナル曲「君と描く空」、かつてJALのイメージソングに採用された米米CLUBの「浪漫飛行」の3曲を披露した。

 今年のメンバーは、合唱団の発起人である小澤佑介副操縦士(767乗員部)をはじめ2007年度から2008年度に入社した767の副操縦士9人と、今年初めて参加する737乗員部の副操縦士4人(全員2010年度入社)。指揮は発足時に767乗員部で、昨年から787乗員部へ移った織田直行機長が務めた。

 小澤さんによると、乗務後や身体検査後に集まって10月から10回練習したが、本格化したのは12月に入ってから。「パイロットはお客様とふれ合う機会がなかなかなく、歌を通じて交流できればと始めました。新しいメンバーが入ってきたので、まずは僕らが楽しまないと」(小澤さん)と、メンバー自身が楽しむことを心掛けた。今後は子供向けの航空教室などに参加したいという。

 手話べりサロンは20人ほどで活動しており、22日は17人が合唱やメンバーのトークを手話で伝えた。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。