三浦弘行九段 対 佐藤天彦九段 本戦かけて対局開始/将棋・朝日杯二次予選(AbemaTIMES)

66分でサクッと理解!実践護身術のネタバレと体験談

株式会社アイマーチャントの
66分でサクッと理解!実践護身術が気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:三浦弘行九段(左)と佐藤天彦九段

将棋の朝日杯将棋オープン戦の二次予選が12月6日に行われ、三浦弘行九段(45)と佐藤天彦九段(31)が午後7時から対局中だ。

【中継映像】三浦弘行九段 対 佐藤天彦九段

 三浦九段は、1992年10月に四段昇段。1996年度に棋聖のタイトルを獲得したほか、棋戦優勝は3回。竜王戦1組(1組:11期)、順位戦A級は18期を数える実力者だ。

 佐藤九段は2006年10月に四段昇段。2016年度に名人位を奪取、2度の防衛に成功し、タイトル通算3期。棋戦優勝は4回ある。竜王戦2組(1組:5期)、順位戦A級(A級以上:5期)。

 両者は直近では11月28日に順位戦A級で対局を行っており、この時は三浦九段が勝っている。振り駒の結果、先手は佐藤九段。AbemaTVではこの対局を終了まで生放送する。

◆朝日杯将棋オープン戦 持ち時間40分の早指し棋戦。一次予選、二次予選を勝ち抜いた棋士が、シード棋士を含めた計16人で本戦トーナメントを戦う。参加は全棋士、アマチュア10人、女流棋士3人で優勝賞金は750万円。2017年度、2018年度と藤井聡太七段(17)が2連覇している棋戦としても知られている。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。