「三島由紀夫が今の日本を見て一体どう思うだろうか?」49年目を迎えた自決と“憂国”を読み解く(AbemaTIMES)

次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」コンサルティングプラン(特別価格)のネタバレと体験談

株式会社イーブックジャパンの
次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」コンサルティングプラン(特別価格)が気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:三島由紀夫

1970年11月25日、作家の三島由紀夫が学生4人と共に東京・市ヶ谷の自衛隊駐屯地で東部方面総監を人質にとり、マスコミや自衛隊員を前に演説後、自ら腹を切って命を絶った。

【映像】三島由紀夫はなぜ割腹自殺を?人物像に迫る

 あれから49年。三島作品は映画や舞台、書籍、テレビ番組で取り上げ続けられる一方、事件の謎は令和の時代の今も解かれてはいない。25日のAbemaTV『AbemaPrime』では、この稀代の作家が遺した問いについて考えた。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。