障害があっても自分らしく生きるために必要なこと 岩崎兄弟が大学で展示と登壇(BuzzFeed Japan)

飯土井 達也のtrapcombination【競馬WINDOWS専用ソフト】購入者が言う実際の評判

飯土井 達也の
trapcombination【競馬WINDOWS専用ソフト】に
ずいぶん前から興味ありました。

でも、安い買い物でもないし
ネットの商品だから・・・

出典元:兄弟展の会場では数多くの人が語り合いながら鑑賞していた

筋肉が徐々に衰えていく難病・筋ジストロフィーと生きる岩崎健一さん(50)、航さん(43)の兄弟が10月、「東北文化学園大学」(仙台市)の学園祭で絵と詩の兄弟展を開き、地域での自立生活をテーマとしたシンポジウムにも登壇した。

二人とも人工呼吸器や生活の全てに介助が欠かせないが、2018年6月、画詩集『いのちの花、希望のうた』(ナナロク社)を出版し、多くの読者に力を与えている。

重度障害があっても地域で介助を受けながら生活する人は増えているが、介助者不足や、公的介助の支給時間を決める行政の理解不足などの課題は多く、社会に理解を広げようと企画されたイベントの一環だ。

今は仙台市の実家で両親と共に暮らし、一人暮らしを目指す詩人の航さんは「自分らしい生活を続けるためには介助者さんが欠かせない。関わりを得て生きることが必要」と語り、

病院で暮らす健一さんは、「重度の障害を持っている人が必要十分な介護を得て、命を輝かせて生きることこそが真の心の自由であり真の自立であると思います」と述べた。
【BuzzFeed Japan Medical / 岩永直子】

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな