(社説)豪雨と避難―課題を次に生かすには(朝日新聞デジタル)

レイアップ 株式会社のアプローチの真髄は効果なし?内容暴露

レイアップ 株式会社さんの
アプローチの真髄は有名ですよね★

活発な梅雨前線の影響で先月末以降、九州南部で激しい雨が降った。200人をはるかに上回る死者・行方不明者が出た西日本豪雨からちょうど1年。「想定を超す雨」はもはや「想定の範囲内」になったと覚悟して、備えを固める必要がある。
 鹿児島、宮崎両県で河川の氾濫(はんらん)や土砂崩れがおき、2人が亡くなった。長雨で地盤がゆるんでいるところが多い。関係機関は今後も警戒を続け、迅速な情報発信に努めてほしい。
 昨年の豪雨では防災・気象情報が避難行動に十分むすびつかず、犠牲者が広がった。その教訓をもとに始まったのが、情報を5段階の数字であらわす「警戒レベル」の発表だ。……
本文:1,034文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~