HAC、初の68歳定年パイロット 2万時間超、13日でラストフライト(Aviation Wire)

□脅威のメール受信型自動ページ生成ツール! 「MAIL SITEMAKER」限定公開!の口コミと内容のネタバレ!実態が2chに流出?

出典元:最終乗務を終えHACの桑野洋一郎社長(左)と握手する片伯部機長=19年3月13日 PHOTO: Masahiro SATO/Aviation Wire

札幌の丘珠空港を拠点とする北海道エアシステム(HAC、NTH/JL)のパイロットで、HAC最高齢となる片伯部(かたかべ)秀一機長が3月13日、釧路発札幌(丘珠)行きJL2862便(サーブ340B型機、登録記号JA02HC)で最後の乗務を終えた。HACのパイロット定年が65歳から68歳へ引き上げられた2015年3月以降、初の定年パイロットとなる。パイロット人生45年の総飛行時間は2万1943時間、着陸回数は1万2262回となった。

◆『JET STREAM』でパイロット目指す

 片伯部さんは1951年3月14日に宮崎・日の影町(現日之影町)で生まれ、今年の誕生日で68歳を迎える。都内の大学に在学中、日本航空(JAL/JL、9201)がスポンサーのFMラジオ番組『JET STREAM(ジェット・ストリーム)』をよく聴いていたことから、パイロットへの憧れが芽生えたという。当時、同じような考え方だった友人と意気投合。大学を中退して航空大学校へ進み、パイロットを目指した。

 航大卒業後は、1973年10月に当時の東亜国内航空(TDA/JD)にパイロット訓練生として入社。日本航空機製造YS-11型機の副操縦士として乗務を始め、YS-11で機長昇格も果たした。

 YS-11以降は、TDAが社名を変更した日本エアシステム(JAS/JD、当時)とJALで、ダグラスDC-9型機や、エアバスA300B2/B4型機(A300在来型機)、A300-600R、サーブ340Bを担当。ターボプロップ(プロペラ)機からワイドボディー機まで、さまざまな機種を操縦した。JASのA300-600R時代には、JALとの統合まで9年ほど国際線にも乗務したという。JALに在籍していた2005年11月にHACへ出向し、サーブ340Bの機長を定年まで勤め上げた。

 片伯部さんは37歳でYS-11の機長に昇格。当時を振り返ると「記憶にない」という。厳しい環境で教育を受けていた片伯部さんは「一生懸命訓練して、合格をもらう。その延長線上に(機長のポジションが)あるだけ」と、副操縦士と機長を比較しても考え方に大きな違いはないと語った。

◆仲間へ「思いやる心を」

 これまでパイロットとして操縦桿を握ってきた片伯部機長は、13日で約45年間のパイロット人生を“卒業”。翌日からは時間の多くを趣味に費やす。「マラソンや卓球、水泳や旅行などを楽しみたい。ほかにも何か大きな目標を作って達成させたい」と話す片伯部機長にとって、卒業後の日々は「新たなスタート」になる。

 片伯部機長は、最後の乗務となる13日付でHACを去る。苦楽を共にした仲間へ「思いやる心をを持つことで、人にやさしくなれるし、(人間関係に)角が立たなくなる」とメッセージを残した。

◆総飛行2万1943時間

 最終日となった13日は計4便に乗務。丘珠を定刻午前8時30分に出発する函館行きJL2743便で開始し、折り返しの函館発丘珠行きJL2742便と、丘珠発釧路行きJL2863便を担当した。乗務最終便となった釧路発JL2862便は、午後1時4分に丘珠へ到着した。降機した片伯部機長は同僚たちに迎えられ、笑顔を見せた。

 片伯部機長は2014年10月14日に、総飛行時間2万時間を達成。13日の最終便を含めた2万1943時間のうち、機長としてのフライトは1万3477時間だった。HACでの総飛行時間は6070時間で、このうち機長として3894時間を飛んだ。

いま、話題になっている・・・
□脅威のメール受信型自動ページ生成ツール! 「MAIL SITEMAKER」限定公開!をご存知ですか?

その効果についてもですが、
プロミネンスさんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!