過熱する“美魔女”ブーム 渡航費、キャンプ代…衣装代に100万円出す人も(AbemaTIMES)

プレストエージェンシー 株式会社の★[女性用]TRUE LOVE ACADEMY~運命の男性との出会い愛される、あなたも幸せになりませんか?~購入者が言う実際の評判

プレストエージェンシー 株式会社の
★[女性用]TRUE LOVE ACADEMY~運命の男性との出会い愛される、あなたも幸せになりませんか?~に
ずいぶん前から興味ありました。

でも、安い買い物でもないし
ネットの商品だから・・・

出典元:▲第4回『ミセス日本』グランプリ・ウォーキングスペシャリストの山口マユウさん(画像出典『Wの悲喜劇』より)

“美魔女”の言葉とともに、密かなブームになっている、ミセスコンテスト。そもそも、ミセスコンテストとミスコンの違いは何なのだろうか。

 ミセスコンテストは、一度結婚したことがあれば、子どもがいなくても出場できる。またコンテストにもよるが、シングルマザーでも応募できる大会もあるため、その場合は結婚歴か“母”になった経験があればOKだ。

 『ミセスジャパン2018』東京大会ファイナリストで41歳のほこいわ陽子さんは「美貌ではない。ミセスのコンテストは社会貢献の思いがどれだけ強いかが大事」だという。

 2児の母で矯正歯科医の三村遥さんは『ミセスジャパン2017』日本代表という実績を持つ。42歳だという三村さんは「人生の経験値。その人が持っている中身が大切」と語る。

 年々増え続けているミセスコンテスト。コンテストごとに違いはあるのだろうか。ほこいわさんは「『ミセス日本』は日本のみのグランプリ。世界大会はありません。私の意見ですが、本当に皆さんボランティアなど社会貢献の思いが強く、大和撫子のような女性が多い。つけまつげをしている女性よりは、ナチュラルな美しさというイメージ。あまり煌びやかすぎると書類審査の時に落とされてしまうと思います」と説明した。

 2011年に行われた第4回『ミセス日本』のグランプリでウォーキングスペシャリストの山口マユウさんは「私が知っているだけでもコンテストが8種類ありますね。(ウォーキング教室の)生徒さんが『来年これに出るから教えてください』と言ってくることもある」という。

 山口さんは「ミセス日本が12年目で、最も古い。美魔女グランプリが9回目か10回目くらい。ミセスジャパンができたのは最近」とミセスコンテストの歴史を説明する。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな