国交省、JALに業務改善勧告 客室乗務員の機内飲酒で(Aviation Wire)

【レイバス】株式トレード電光石火※陽線銘柄に朝一で乗るの効果が気になる!体験ブログの口コミ

株式会社グロースアドバイザーズさんが出してる【レイバス】株式トレード電光石火※陽線銘柄に朝一で乗るが注目されてて
私も気になってます。(^^)ゞ

ただ、ちょっと口コミとかが
ヤラセっぽく感じるくらい大げさなような・・・

出典元:国交省から業務改善勧告が出されたJAL=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

国土交通省航空局(JCAB)は1月11日、日本航空(JAL/JL、9201)に業務改善勧告を行った。2018年12月に乗務中の女性客室乗務員が機内で飲酒し、アルコール検査で社内基準を超える値が検出されたことによるもの。国交省はJALに対し、1月18日にまでに報告書を提出するよう指示した。

 客室乗務員が乗務していたのは、12月17日の成田発ホノルル行きJL786便(ボーイング787-9型機、登録記号JA874J)。JALによると、客室乗務員はギャレー(厨房設備)でプレミアムエコノミークラス用のシャンパンの小ビン(約170ミリリットル)を1本あけ、プラスチック製コップに半分ほどついで飲んだという。

 複数の同僚が客室乗務員からアルコール臭を感じたり、様子がおかしいと感じたことから、機内でアルコール検査を実施。呼気から社内基準の1リットル当たり0.1ミリグラムに対し、0.15ミリグラムのアルコール値が2回検出され、30分ほどあけた3回目の検査でも、基準値を超えた。

 客室乗務員は当初飲酒を否定していたがその後認め、2017年11月17日のホノルル発成田行きJL781便(777-200ER、JA708J)の乗務中にも飲酒していたことを認めた。

 JALは2018年5月にも、ホノルル発関西行きJL8791便(787-8、JA832J)の機内で、乗務中の20代男性客室乗務員が、ビールを飲んでいたことが発覚。国交省から6月6日に厳重注意を受けていたにもかかわらず、女性客室乗務員の飲酒問題が発生したことから、事態を重く見た国交省は、JALに行政指導ではもっとも重い業務改善勧告を行った。

 JALではパイロットの飲酒問題も発生しており、国交省は行政処分となる事業改善命令を12月21日に出している。JALはパイロットと客室乗務員の飲酒問題を合わせ、1月18日までに再発防止策を報告する。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~